高反発マットレスの折りたたみを発見!その実際はどうなのか調査!

高反発マットレスの折りたたみの実際の寝心地はどうなのか気になって調べてみました!

 

高反発マットレスの折りたたみの実際は?

 

高反発マットレスには折りたたみの出来るものがあります。

 

でも、実際に折りたたみの出来るものの寝心地は良いのでしょうか?

 

寝具は、一度購入すると使用期間が長いので、折りたたみって寝心地はどうなの?

 

気になって、楽天やAmazon、その他の口コミなどから調査してみました。

 

折りたたみの種類、楽天では…?

 

・角が中途半端な膨らみが気になります。数日置けば良くなると思っていましたが、一向に膨らまない。使用感は、すぐにヘタってしまいそうな感じで臭いも気になる。

 

・腰痛が良くなるように購入したのですが、硬すぎたようで腰痛の改善がされず、余計悪化したので現在は使用していません。安かろう悪かろうな感じです。

 

・今までふとんだけでしたが、椎間板ヘルニアのため折りたたみのマットレスを敷いてみました。
前より症状がよくなっています。
あとは、へたらないでどの位持つのかが気になります。

 

折りたたみの種類、Amazonでは…?

 

・あけたら糸くずがたくさんついていたのでちょっとショックでしたが、折りたためるのと軽いので出し入れが楽です。
使用感はすごくいいという訳ではありませんが、値段が安かったので短期間で交換するイメージで使うにはいいと思ます。

 

・折りたためるものを探していて、1万円以下だったの試しに購入してみました。
ただ、お値段が安かったからなのか、思ったより少し沈む感じがします。

 

楽天やAmazonの1万円以下で購入できる折りたたみ出来るものは少し柔らかめな印象と、臭いが気になる場合があるようですね。

 

長く使用するものなので、楽天やAmazonで一見お得なように見えますが、寝心地はランキングに出ているような専門の所から購入するのがおすすめです。

 

 

高反発マットレスのたためるものはどんな種類があるのか調査!

高反発マットレスのたためるものってどんな種類があるのか気になって調べてみました。参考にされて下さい。

 

高反発マットレスのたためるものはどんな種類がある?

 

高反発マットレスのたためる物はどんな種類があるのでしょうか?

 

実際に使用するときは、それぞれの生活スタイルがありますよね。

 

そこでたためるタイプはどんな種類があるのか調べてみました!

 

たためるタイプの種類

 

・たためる物の王道!一番多いのが3つ折りタイプ!

 

床に直接おける物など、色々なメーカーから一番よく出ているのが3つ折りタイプになります。

 

3つ折りなら、押し入れの中に入れるのにも丁度良い奥行きです。

 

たためる物の中では、種類が多いので自分の求めているものが見つかりやすいです。

 

 

・3つ折りの種類よりもコンパクトになる、6つ折りタイプ!

 

たためる物ではたまにしかみかけませんが、6つ折りですと、中にはクローゼットの中に入るものまであります。

 

一人暮らしの方や、クローゼットしかない所に住んでいる方にはうってつけですね。

 

但し、種類が少ないので寝心地の面を考えるとちょっと疑問点が残ります。

 

 

・使わないときには、ソファーのような形になる4つ折りタイプ!

 

使用しない時には、一番上の部分がさらに折れて、ソファーのような形になります。
寝心地は選べないので何とも言えませんが普段はソファーとして使用できる利点があります。

 

・たためませんが、くるくる巻くタイプも発見!

 

こちらのはどちらかというと、毎日使用するものではなく、普段はしまっておいて旅行など出かけるときに持っていく用という感じです。

 

いくつかたためる物の種類はありますが、やはり3つ折りタイプがたためる種類の中では一番のおすすめです。

 

 

高反発マットレスのたたみ方で気をつけるポイントをご紹介!

高反発マットレスのたたみ方で気をつけるポイントがあるのを発見したのでご紹介します!

 

高反発マットレスのたたむときのポイントってある?

 

高反発マットレスのたたみ方って簡単だよ!って思いますよね。

 

実は、そのたたみ方にもポイントがあるのでご紹介します!

 

たたむこと自体は、折り目がついているのでそのままたたむだけですが、実はたたむ前に気をつけることがあります。

 

長く快適に使用するためのたたみ方として、起きてすぐにたたみたくなりますが、しばらくしてからたたむ!

 

それがたたみ方のポイントになります。

 

 

その理由は…?

 

 

人が1晩でかく汗は、約コップ1杯と言われています。

 

 

ということは…?

 

 

正しいたたみ方をしないで、起きてすぐにたたんでしまうと汗でしめった状態でたたむことになり、ダニが喜ぶ環境になりやすいからです。

 

せっかくの寝具を快適に使用するためにも、起きてから少し時間をおいて正しいたたみ方をしましょう。

 

たたみ方のポイント、簡単ですよね。
このたたみ方のポイントを抑えて、さらにカバーもまめに洗い、寝具を清潔にすることが長く快適に使用しつづけるコツにもなります。